Skip
インテリア ライフスタイル2019

2020年インテリア ライフスタイルは青海展示棟にて開催

インテリア ライフスタイル2019 会場動画
_ZAA8436

ご来場に際しての情報をご確認ください。

来場のご案内
6月3日 - 5日 青海展示棟 出展のご案内

Interior Lifestyle 2020
6月3日 - 5日 東京ビッグサイト 青海展示棟にて開催

アジアの中心 東京に心動かすデザインが集い、半年先のライフスタイルマーケットを共創していく国際見本市

デザイン性に優れた小物・雑貨を中心に、衣・食・住に関わる幅広い商材が集まる国際見本市「インテリア ライフスタイル」。アジアのデザイン市場を牽引する約800社の出展者が一堂に会し、20,000人を超えるバイヤーやデザイナーが来場する見本市が、新ディレクターにSUPPOSE DESIGN OFFICE/谷尻誠氏・吉田愛氏を迎え、新しく生まれ変わります。

見本市ディレクター

both ai and tanijiri

SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd.
谷尻誠・吉田愛

谷尻誠、吉田愛率いる建築設計事務所。広島・東京の2カ所を拠点とし、住宅、商業空間、会場構成、ランドスケープ、プロダクト、インスタレーションなど、国内外で幅広い分野のプロジェクトを多数手がける。近年の代表作に「hotel koe tokyo」「関東マツダ 目黒碑文谷店」などがある。
www.suppose.jp

NEWS

2020年6月3日(水)- 5日(金)青海展示棟にて開催

IL_kv_1900x1069

IFFT/インテリア ライフスタイル リビング2019に引続き、
見本市ディレクターにSUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd.谷尻誠・吉田愛を迎えます。


オリンピックイヤーによってさらに高まるインバウンド需要やコントラクト市場にも注力し、新たな販路拡大やアイディアの発掘の場を提供します。クオリティにこだわる「インテリア ライフスタイル」だからこそ感度の高いバイヤーとのビジネスチャンスが生まれる絶好の機会となります。ぜひ出展をご検討ください。

出展パンフレット ダウンロード
出展申込書 ダウンロード

東京オリンピック2020のため会場が西展示棟から青海展示棟に移ります。
青海展示棟へのアクセスの詳細はこちらから。

aomi02
イメージ図

≪来場者数≫
7月17日(水)-19日(金)
3日間来場者数合計:21,597名/33 カ国・地域

※来場者数:同一来場者の3日間来場=3名としてカウントしています。

≪出展者数≫
770社(内訳:日本609社/海外161社)
※共同出展者を含みます。

fairguide image

オフィシャルフェアガイド2019がダウンロード可能です。

2019年の特別企画の詳細、会場マップ、出展者一覧など見本市に関する情報をご覧いただけます。

ダウンロードはこちらから

インテリア ライフスタイル2019 特別企画

KV atrium

アトリウム特別企画

The Corner Shop - How to make a market -

昨年の「For Here or To Go?」を進化させた、インテリアライフスタイル史上初となる2年連続のアトリウム特別企画。商品のバイイングはもちろん、店舗そのもののスペシャリストでもある、methodの山田遊氏率いるディレクションチームが、アトリウムを一つの街角や店舗に見立てることで、来場者にとって理想となるような商談の場を、さらに更新していく試みです。

_DSC5066

HYGGELIG HOURS

北欧の出展者との交流の場「HYGGELIG HOURS」、北欧に興味のある皆さまのネットワーキングタイム「HAPPY HOURS」を初開催しました。

国内外で多岐にわたり活躍する陶芸家・アーチストの鹿児島睦氏によるオープニングトークや、個性豊かな出展者による実演やプレゼンテーションを披露しました。

差し替え希望_0606

JAPAN STYLE

日本独自のライフスタイルと、美意識の高いものづくりが融合したデザインを発信するJAPAN STYLEゾーン。ゾーン内で実施される実演プログラムでは、日本各地の職人による貴重なもの作りの技術を間近で見ることができます。

_85G2770

LIFESTYLE SALON

インテリア デザイン業界で活躍する方々を迎えたトークショーイベント「LIFESTYLE SALON」。

インテリア ライフスタイル2019 会場風景

出展者インタビュー

インテリア ライフスタイルについて

出展について

ご出展に関する各種情報はこちらから

詳細

来場について

ご来場関する各種情報はこちらから

詳細

プレスの方へ

本見本市に関するプレスリリースや最新情報はこちらから

詳細