Skip

エシカルの取組み

エシカルとは「環境、人・社会、地域に配慮した考え方や行動」について、主催者と協力関係会社が行っている取組みを紹介します。インテリア ライフスタイル/IFFT/インテリア ライフスタイル リビングでは、SDGs(持続可能な開発目標)貢献のため、今後も積極的にエシカルの取組みを行います。

主催者での取組み

  • 印刷物のペーパーレス化/リサイクル回収
  • 特別支援事業者にて制作した来場者用バッジホルダーを会期中に使用
  • 社員の働き方に配慮し、毎週水曜日にノー残業デーを採用
  • 社員8割が女性。女性が活躍しています。
  • 「難民支援」「アップサイクル」「働き方」をテーマとした企画
  • 2021よりエシカルをテーマにする出展ゾーンを新設!

企画を通じたエシカルな取組み

_21A2976

サステナブルを実現するブランド「MADE51」。UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)よって立ち上げられたMADE51は「難民に持続可能なビジネスチャンスと、持続可能な生活を提供すること」を目指したプロジェクトです。

インテリア ライフスタイル2019(7月17日-19日開催)ではアジア初の出展としてMADE51を迎え、様々な国の作り手の想いがこもった商品が集いました。またブランドのグローバルリーダーであるハイディ・クリスト氏によるトークショーも開催しました。

_21A0157

サステナブルなものづくりとして注目される「アップサイクル」。従来のリサイクルとは異なり、もともとの物や素材に新たなアイディアを加え、改変させるプロセス。IFFT/インテリア ライフスタイル リビング2019(11月20日 - 22日 開催)では、建築家の芦沢啓治氏を迎え、このテーマに企画として取り組みました。異なるデザイナー達それぞれが思う「アップサイクル」をテーマにデザイン、制作、展示を行いました。

建築・インテリアの専門誌『コンフォルト』のサイトにて、展示内容の詳細をご紹介しております。

_87A0844

テレワーク、シェアオフィス、コワーキングスペースなど多様なワークプレイスが増え、働く環境の充実化が注目されています。IFFT/インテリア ライフスタイル リビング2019(11月20日 - 22日 開催)では、SUPPOSE DESIGN OFFICE 谷尻誠氏・吉田愛氏をディレクターに迎え働き方をテーマにした企画を開催。これからの新しいオフィスを提案する場として、来場者が実際に体感できるライブオフィスを展開しました。

 

協力施工会社での取組み

インテリア ライフスタイル、IFFT/インテリア ライフスタイル リビング 展示会全体の施工、出展者ブース施工にご協力いたただいております。

  • ISO 20121取得
  • リユース可能商材の開発、廃材の徹底した削減、原材料の開発・投資などを通じ、資源やエネルギーの持続的確保に貢献
  • 廃材の3R活動や、環境配慮型の原材料、資材の活用により、環境負荷を低減し、都市環境への悪影響を削減
  • 木工造作物(壁面、展示台、装飾備品等)のリユース事業を推進。

「イベント運営における環境影響の管理に加えて、その経済的、社会的影響についても管理することで、イベント産業の持続可能性(サステナビリティ)をサポートするためのマネジメントシステムです。地球環境や社会問題に対する意識の高まりから、全ての産業において、仕事を通した環境及び社会問題への取組みを目的としています。」

ethical_image


協力印刷会社での取組み

インテリア ライフスタイル、IFFT/インテリア ライフスタイル リビング 展示会会場で配布するフェアガイドはじめ多くの印刷物制作・印刷にご協力いたただいております。

  • グリーンプリンティング認定取得
  • ISO 14001とグリーンプリンティングによる社員教育
  • FSC認証(森林管理)製品の提供
  • 水なし印刷導入による廃水の削減

「環境問題を背景に、日本印刷産業連合会(略称:日印産連)で定めた、印刷産業界の環境自主基準<印刷サービスグリーン基準>認証制度です。基準に適合した印刷製品にグリーンプリンティングマーク(GPマーク)を表示することにより、環境に配慮した印刷製品が広く普及することを目的としています。」

「ISO 14001は、国際標準化機構 (ISO) が発行した環境、社会、経済への影響を管理するマネジメントシステムです。社会経済的ニーズとバランスを取りながら、環境を保護し、変化する環境状態に対応するための枠組みを組織に提供する事を目的としています。」

「主に森林破壊とそれに伴う環境問題に考慮し、NPOであるFSC(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会)が運営する国際的な制度で、森林から製品になるまでの全工程で適切な管理が行われているかを評価・認証します。基準に適合した製品にFSCラベルが表示されることにより、環境に配慮したサステナブルな森林管理の普及を目的としています。」